Firefoxにリモートコード実行の脆弱性、国内でも攻撃を確認(JPCERT/CC)

0
32



一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月27日、「Firefox の脆弱性 (CVE-2019-17026) に関する注意喚起」を発表した。これは、Mozillaが1月8日(米国時間)にFirefoxおよびFirefox ESRにおける脆弱性(CVE-2019-17026)に関する情報を公開したことを受けたもので、JPCERT/CCでは国内に対する本脆弱性を悪用したとみられる攻撃を確認している。脆弱性の影響を受けるバージョンは次の通り。 Firefox 72.0.1 より前のバージョン Firefox ESR 68.4.



Source link